在宅介護・在宅看護の入浴が驚くほど簡単 | 浴槽付き介護ベッド「夢神楽」

飯田一喜

「夢神楽」開発者の思い

「介護に、人間としての尊厳と、家族の絆を取り戻すことを目指して」

私が本製品の開発に構想したのは、私自身の介護の経験からでした。介護には様々な苦労がついてまわりますが、その中でも「入浴」と「排泄」が心身ともに負担の重いものです。その後、多くの介護経験者や介護業界で働く人と知り合うにつれ、大変多くの方が同じ問題で苦労した事を知り、なんとかこの問題を解決したいと真剣に願うようになりました。

「入浴ができる介護ベッド」をがあれば、この問題を解決できるのではないか──そう考えて開発を始めましたが、そこには私が想像した以上の壁あったのです。様々な試作を繰り返し、やっと世の中に提供できる製品へ仕上がるまでに、10年の時間がかかりました。

この浴槽付き介護ベッド「夢神楽」は、私自身が「介護の時に、これさえあれば」という思いや願いを込めた製品です。自宅で介護をされている方、これから始められる方は、是非、「夢神楽」をご利用下さい。 家族のためとは言え、重い負担を抱えながら介護生活を続けるのは辛いものです。「夢神楽」を使う事で、介護者、要介護者ともに重介護から解放され、笑顔と、人間としての尊厳と、家族の温かい絆を取り戻していただけるものと確信しております。

株式会社ウェルケアベッド代表
飯田 一喜

浴槽付き介護ベッド「夢神楽」の資料請求、体験説明会、購入に関するお問合せはウェルケアベッドのホームページから
http://wcb.co.jp/